トップ > 日経DVDシリーズ > ケースで学ぶパワー・ハラスメント対応 〈全2巻〉―「効果的な指導」との違いを知る―

ケースで学ぶパワー・ハラスメント対応 〈全2巻〉―「効果的な指導」との違いを知る―

・付録:テキスト無

「パワハラ」と「効果的な指導」のボーダーラインはどこか? 上司・部下のタイプ別にケースドラマで解説するラーニング教材!

■パワハラは上司と部下の間だけで起こる問題ではありません。組織内の有力部門とそうではない部門、自社の社員と取引先担当者、正社員と契約・派遣社員などの間にさまざまな場でパワハラが発生しています。管理者向けにとどまらず、幅広い層に向けた研修教材としてご利用いただけます。
■パワー・ハラスメントはメンタルヘルス問題、人権問題と深く関わっています。メンタルヘルスや人権啓発研修のメニューとして、取り上げるべきテーマになっています。
■部下を始めとする相手のタイプ別の話し方・接し方(第1巻)、上司などパワハラを行う可能性のある人向けにセルフチェックを促すためのケースドラマ・ケース解説(第2巻)の2巻で構成しました。
■『日経VIDEO パワー・ハラスメント』と併せてご利用いただくことで、履修効果の高い研修を行うことができます。
商品コード : 40
希望小売価格 : 80,000
価格 : 80,000 円+税
数量
 

0

ご購入3,000円(税抜)以上は送料無料

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
職場におけるパワー・ハラスメント(個人あるいは組織が、与えられた職権を背景にして、人権等を侵害する言動で相手に精神的な苦痛を与えること)の発生は、被害者の心身へのダメージだけで済まされるものではありません。職場のパワハラを放置することは、職場全体の士気の低下を招き、人材の流出や企業イメージのダウンにつながります。

このビデオは、パワー・ハラスメントに関する基礎知識を解説した『日経VIDEO パワー・ハラスメント』で得た知識をより深め、活気ある職場づくりへのアクションにつなげるためのラーニング教材です。9つのケースドラマ・解説を通して、「パワハラ」と「効果的な指導」のボーダーラインを気づかせ、ケースバイケースの対応を知ることができます。

第1巻 パワハラがなくなる話し方・接し方
■ケース1 知識・技能レベルが高い部下
■ケース2 プライドが高く仕事熱心な部下
■ケース3 自由奔放タイプの部下
■ケース4 無気力に見える部下

第2巻 どこからがパワハラか
■ケース1 完璧主義タイプの上司
■ケース2 押し出しが強い上司
■ケース3 決断力に欠ける上司
■ケース4 部下へ過保護な上司
■ケース5 部下に任せきれない上司

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

【dvd】