トップ > 金融ブックス > 資金繰りの読み方に強くなる本

資金繰りの読み方に強くなる本

資金繰りの読み方に強くなる本

里吉 勝己 著者 古屋 秀治 著者
【判 型】 A5判
【造 本】 並製
【ISBNコード】 978-4-904192-17-7
【頁 数】 264頁
【発行日】2009/10/23 4版2刷

資金繰り表の的確な読み方を明示。企業の営業活動と資金繰り、返済能力を把握するための表の読み方。「いま」「なぜ」「いくら」足りないのか、がよくわかる。好評、融資取引に強くなる本シリーズ第10巻。
 
商品コード : 978-4-904192-17-7
希望小売価格 : 2,000
価格 : 2,000 円+税
数量
 

ご購入3,000円(税抜)以上は送料無料

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
【主な内容】
第1章 「資金繰り」とはなにか
第2章 なぜ資金繰り分析が必要か
第3章 資金繰り表のウソを見抜く方法
第4章 資金繰り表の読み方と融資判断のポイント
第5章 ヒヤリングによる簡易予想資金繰り表の作成の仕方
第6章 資金繰り分析から資金使途の妥当性と返済財源を判断する方法
第7章 資金繰り分析から長期資金の妥当性と返済財源を判断する方法
第8章 資金運用表の作成と仕方と読み方
第9章 資金移動表・経常収支の捉え方と読み方
第10章 キャッシュ・フロー計算書の見方・分析の仕方
 
【もくじ】

第1章 「資金繰り」とはなにか
1.資金繰りとはなにか
2.資金繰り表の種類にはなにがあるか
3.企業活動における「カネ」と「モノ」の役割とは
4.運転資金・運転資本とはなにか
5.企業の資金繰りをどのようにとらえ、分析したらよいか
6.黒字倒産と資金繰りの問題点

第2章 なぜ資金繰り分析が必要か
7.企業の実態判断や財務分析との関連で資金繰りをどうとらえるか
8.資金繰りの安全性とはどうみたらよいか
9.企業の支払能力はどうみたらよいか
10.企業の支払能力は「流動比率」でみればよいか
11.「静態的流動性」と「動態的流動性」はどうみるか
12.資金繰りに余裕があったり逼迫する原因はなにか

第3章 資金繰り表のウソを見抜く方法
13.資金繰り表の信憑性を確認する方法
14.「収入項目」のチェックポイント
15.「支出項目」のチェックポイント
16.「差引過不足」の見方・読み方
17.財務収支の見方・読み方
18.月末残高の見方・読み方
19.翌月への繰越高の見方・読み方

第4章 資金繰り表の読み方と融資判断のポイント
20.「収入項目」をチェックする比率とその読み方
21.「支出項目」をチェックする比率とその読み方
22.月末残高の諸比率とその読み方
23.回転期間の算出の仕方とその読み方
24.運転資金需要体質の算出の仕方とその読み方
25.資金繰り表の分析不足による5つの事故事例
26.資金繰り表の具体的分析のすすめ方

第5章 ヒヤリングによる簡易予想資金繰り表の作成の仕方
27.予想資金繰り表の作成の必要性
28.予想資金繰り表の作成上の必要事項とは
29.ヒヤリング事項とヒヤリングの方法
30.予想資金繰り表の作成の仕方
31.作成された資金繰り表の見方
32.資金繰り表からの損益状況の把握の仕方

第6章 資金繰り分析から資金使途の妥当性と返済財源を判断する方法
33.経常運転資金の資金繰り表でのチェックと返済財源の出し方
34.増加運転資金の資金繰り表でのチェックと返済財源の出し方
35.決算賞与資金の資金繰り表でのチェックと返済財源の出し方
36.季節資金の資金繰り表でのチェックと返済財源の出し方
37.減産資金の資金繰り表でのチェックと返済財源の出し方

第7章 資金繰り分析から長期資金の妥当性と返済財源を判断する方法
38.設備資金案件取上げに際しての資金計画の検討ポイント
39.投資後の財政状態をみるポイントはなにか
40.償還財源・償還能力の検討のポイントはなにか
41.利益計画の作成の仕方と見方のポイント
42.事例による利益計画の妥当性の検討と与信判断の着眼点
43.損益分岐点活用による利益計画の妥当性の検討の仕方
44.設備投資の経済計算方法と計画の良否の判断の仕方
45.<事例>設備資金の申込と検討の仕方
46.設備投資の採算性・収益性の算出の仕方・読み方

第8章 資金運用表の作成と仕方と読み方
47.資金運用表とはどんな目的で作るものか
48.資金運用表の形式と作成上のポイント
49.資金運用表の作成方法
50.資金運用表の見方と融資判断のポイント

第9章 資金移動表・経常収支の捉え方と読み方
51.「資金3表」の特色と利用上の着眼点
52.「経常収支」により資金繰りの実態をとらえる方法
53.資金移動表算出の概要と資金繰りの捉え方
54.流動比率と経常収支による企業の支払能力の捉え方
55.事例による資金移動表の作り方

第10章 キャッシュ・フロー計算書の見方・分析の仕方
56.キャッシュ・フロー計算書と資金3表との違いはなにか
57.貸借対照表・損益計算書とキャッシュ・フロー計算書の関係
58.税効果会計との関係は
59.時価会計との関係は
60.連結決算との関係は
61.キャッシュ・フロー計算書の見方のポイント
62.キャッシュ・フロー計算書を分析する方法
 

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません