トップ > 悠雲舎 > 東洋からの経営発想

東洋からの経営発想

東洋からの経営発想

田口佳史

【判 型】 四六判
【造 本】 上製
【ISBNコード】 978-4-904192-18-4
【頁 数】 176頁
【初版発行日】2009/7/31

 いまだ見えない夜明けに向けて、転換期の闇を走るリーダー達に。
 老子、荘子、孫子、世阿弥、利休、宮本武蔵など、中国・日本古典から経営の新発想を説く。
 組織マネジメント、人事育成など管理者の悩みに役立つヒントが満載。

商品コード : ISBN978-4-904192-18-4
価格 : 1,525 円+税
数量
 

ご購入3,000円(税抜)以上は送料無料

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
【主な内容】
《第1章 企業はどうなるべきか》
生まれたことの意義を問う
生命の価値を問う
生命力の発揮と喜びを問う
勤労観を問う
社会性を問う
《第2章 経営はどうなるべきか》
「明けまして」の意義
「玄人」育成プログラム
二元論をのり越える
ほか

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません